バランスボール・食育
-WANCOLABO-
食育

わんこラボでは食育に力を入れています。

犬の食事には「生食」「手作り食」「ドッグフード」の3種類があります。

「生食」

生食とはウサギを1匹捕まえて食べることを想定して肉や内臓、骨、野菜や果物を生のまま与えていきます。

食べ物に含まれている酵素が生きて体内に入るので身体にもいいです。

野生に近い食事を与えることで性格も明るく変わることもあります。

排泄物の匂いも気にならなくなり量も減ります。

体臭も減ってきます。

「手作り食」

手作り食とは肉や野菜を焼いたり蒸したりして過熱をして調理をしたものです。

調理の仕方によってバリエーションを変えることができ、何を食べさせているかが明確なので合わない食材があった場合に判断がしやすくなります。

水分も多く摂取することが出来るので体内を潤わせデトックス作用もあります。

100%手作り食にする場合は人間の赤ちゃんの離乳食程度の味付けで大丈夫です。

「ドッグフード」

最近ドッグフードも種類が増え、何を選んだらいいかが分からないという声を良く聞きます。

ドッグフードはただあげるだけなので便利なのですがフード選びがとても大切になってきます。

フードによって体臭、排泄物の匂い、皮膚トラブル、涙やけなどの問題を改善に向かうこともあります。

フード選びにお困りの方、なんとなく今のフードを食べている方、一度ご相談ください。

わんこラボでは良質なフードも取り揃えております。

バランスボール

バランスボールとは身体に負担をかけずに筋肉に負荷をかけることができる道具です。

上に乗りただ立っているだけでもバランスを取るために身体全身の筋肉を使うことが出来ます。

特に身体の内側の筋肉(内ももや脇の下)やインナーマッスルは普段の生活では鍛えることが難しいのですが

バランスボールでは鍛えることが出来ます。

小型犬には膝蓋骨脱臼が多く、大型犬には股関節形成不全が多く見られます。

筋肉を鍛えていくことで関節を外れにくくサポートする役割があります。

わんこラボで行うのは治療やリハビリではなく予防のためのトレーニングです。

獣医さんから診断を受けた場合はかかりつけの先生の指示を仰いでくださいね。

「手術をするまでではないが筋肉をつけたほうがいい」

「シニアで運動量が減って筋肉が落ちてきた」

「外が苦手でお散歩の時間が短く筋肉が少ない」

という方は一度見学にお越しください。

食事と身体は健康に密接に関係しています。

バランスボールクラスもありますので定期的にトレーニングをしたい方は是非お問い合わせください。

健康を保つために食事と運動を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?




わんこラボの資料請求はこちら無料相談会