アロマ&ハーブ
-WANCOLABO-
愛犬のためのアロマセラピー

わんこにアロマセラピーを使うようになってから約9年が経とうとしています。
最初はしつけのトレーニングの補助として、

集中力を高めたり、

不安を取り除いてトレーニングをしやすくするために
使っていました。

幼稚園では、お母さんと離れて

他犬と一緒で不安というコに使ってきました。
イライラしているコにも落ち着くために使います。

私自身がアロマの効果効能を実感しているので、

わんこ達にもその効果はみて取れました。
素直なコは素直に効いています。
現代のわんこ達はストレス(?)がかかりやすいと

アロマを使うたびに思いますし、
アロママッサージをして何かが抜けた表情をみると
「アロマセラピーを使う事を選んで良かった。」と実感します。

わんこラボでは 各部屋アロマを使います。

ロビーでは、季節によって精油のブレンドを変えて香らせています。

特に夏は清涼感のある香りというだけでなく虫よけブレンドを作ってアロマポットで焚きます。

レッスンルームはデュフューザーを使って

体感温度を下げる精油を香らせ、熱中症対策に役立てています。

幼稚園ルームは、待機しているわんこたちが少しでも落ち着けるための精油を

その日の個性に合わせて変えていきます。

また、排泄にはペパーミントとレモンで作った消臭スプレーを使用。

人間も含めた生き物への安心・安全の観点から

アロマを使う事で、生活環境の調整や健康も含め、ケアをしています。

使い方や精油・マッサージについての詳細は、
犬のホリスティックケア DOG・BELL のホームページにてご確認ください。

愛犬のためのハーブ

ハーブを取り入れて2年めになりました。
私自身の体験でも生命体に良い物を取り入れると体が喜ぶという事を実感しました。
わんこ達を見ていても「自分に必要だ」と思うと率先して食べたり飲んだりしています。
散歩やアウトドアで愛犬が葉っぱや草を食べるシーンを見た事のある飼い主さんは
多いと思います。お腹が空いている場合もあるでしょうし、草を食べると飼い主さんが
喜んでくれる(ダメ、止めなさいと犬の行動に反応する)という事がインプットされた場合も
あるでしょう。でも大抵はそれが必要だから食べています。

普段の愛犬の食事に、そのコにあったハーブを取り入れることで
体内から健康に向かいます。

この季節・夏は、ミネラルやビタミンの補給になるハーブをお勧めします。

食欲が落ちる事や犬もいますから健胃作用のあるハーブもお勧めです。

ドッグアロマ&ハーブDay!の日にペットのためのハーブ講座を開催しますので、
学んで愛犬のために取り入れてみましょう。

ハーブについても、犬のホリスティックケア DOG・BELL のホームページにてご確認ください。




わんこラボの資料請求はこちら無料相談会